予選2勝4敗

7/8(土)、手賀の丘球場にてスポ少春季大会予選最終戦・光が丘シャークス戦が行われました。

この日は6年生の柏選抜のセレクションとスケジュールが重なってしまったため、ユウとミヤユウの主力2人が不在という緊急事態で試合に臨みました。

試合の方は、先発したエンユウが初回何とか2死までこぎつけたものの6連続四球で降板。公式戦初マウンドのシュウトがその後を抑えます。打つ方では初回先頭のテルトがセンター前に弾き返しチャンスを作るも相手バッテリーミスによる1点止まり。その後も点差は広がり、打つ方もわずか2安打。5-12で敗戦。スポ少春季大会最終戦を飾ることができませんでした。

投手陣が3イニングで15四死球では試合になりません。5年生だからしょうがないということではないです。普段のキャッチボールを大切に行っていないかが手に取るようにわかります。来年今日投げた2人には主力としてマウンドに上がることが多くなります。今日の投球を糧にして、これからレベルアップできるように頑張ってほしいです。